笑顔の作業員

原状復帰を行なって住宅の環境を整える~テキパキ改善術~

マンションを修繕する

女性作業員

大規模修繕をする時期

マンションを一棟購入したオーナーは、当初は新築であってもやがてマンションを大規模修繕する必要があります。購入するときには大規模修繕についてほとんど触れられていないことが多いのですが、いざ大規模修繕をする段階になるとどうしたらわからないことが多いようです。 まず、大規模修繕をするのは新築からどれくらい時間が経過した時でしょうか。 これに関しては諸説ありますが、15年目から20年目当たりが多いようです。修繕会社としてはできるだけマンションの大規模修繕をしたいので10年目ぐらいがいいというようなことを提案することもありますが、ここは冷静に判断し、10年経過して調査をして住人にとって安全と安心を確保できるのであればすぐには必要がないという判断で構わないでしょう。

修繕をする理由を明確にしよう

マンションの大規模修繕をする場合には、どのような点を修繕するか知っておきましょう。 まず、マンションの強度を保つことが必要です。近年ささやかれている大地震が来るという話も現実的に考えて、大地震に対する安全が確保できるかという観点から考えるべきでしょう。 また、水漏れやひび割れを防ぐことも重要になります。住居である以上当然です。それ以外にもマンション住まいの高齢者が増えていることを 考えるとバリアフリー工事も必要かもしれません。 このように細かいことまで考えると、費用が掛かりますが、もし、これから先にマンションを売却する場合は、大規模修繕をしてメンテナンスがしっかりと出来れいれば高額で売ることも可能になります。